星。   

2004年 05月 11日


ゆうじのママが遊びに来た。

普通にマック食べて
アホな話して
またぁ~りと時間が過ぎた。


「さてぇ、そろそろ帰ってみるかな」

娘が悲しそうな顔で

「ゆうじのママ帰るの?ヤダ。。」

と言った。

「また来るよ。またあそぼぉ。ね?」

「ゆうじのママ、どこに帰るの?」

「ん?ゆうじのママはねぇ~、<太>星に帰るんだよ

「え?」

「じゃぁね。ひな ばいばい」

「ほし?どこにあんのぉ?」


「ほら、あそこの赤いお家の上だよ。夜みてごらん?」

「うん。。。ゆうじのママ~。また遊ぼうね」




そして、4時間後。

娘はパチンコ店の派手な照明をいつまでも眺めていた。



[PR]

おばあちゃん。   

2004年 05月 10日


おばぁちゃんちへ行った。

「ファミコンどこだっぺなぁ。。?」
キョロキョロ・・・

「ファミコンがねぇなぁ。。。。?」
ウロウロ・・・・

「お!あった あった」

おばぁちゃん。

それ リモコンだよ。



「おばぁちゃん!これ見てみてぇ~。昨日撮ったんだぁ~」

「ほぉ~ どれどれ」

「一枚 あげるね」

「いやぁ~ ちっこくてよく見えねぇなぁ~ このテレクラ」

おばぁちゃん。

それ、プリクラだよ。



「アイスでも食うか?」

「うん!!食べる~~~~~~」

「ほれ、食べろ」

<太>おばぁちゃん。

バナナ凍らせただけぢゃん。
なつかしぃ。。。。これ。



やっぱ 
おばぁちゃんて好きだ。



[PR]

脱いでみな。   

2004年 05月 01日


子供に安静なんて無理です。

長女の風邪 悪化しました。

といっても、元気だけはあります。

熱があろうが 鼻水垂れ流しだろうが 吐こうが うるさいほどに元気です。

でも、一応 明日から本格的な連休になるのでね。
もう1回くらい行っておこうというわけで いってきました。病院。

で、無事 診察も終えて帰る途中 おやつがないことに気づき ス~パ~へ寄り道。



店の前で プーさんのなりそこない? のような熊らしき着ぐるみを発見。

でっかい黄色い熊が 子供たちに囲まれながら順番に握手してる。
当然、娘も大はしゃぎで順番待ち。
子供ってこぉいうの大好きね。

写真とってる子もいれば 抱っこしてもらってる子もいる。

中身は人間が入ってるのにw
そぉとも知らず かわいいもんだわ。




さて 私たちの順番がきました。

とりあえず、私は携帯出して撮影の準備w
日記のネタにしようと思ってね。
 
と、構えたその瞬間。。。。。


娘が熊に向かって言った。



「ねぇねぇ、 これ脱いでみな?」


b0000065_10275694.jpg





。。。。。。。


うひょ    (+д+)

ちょっと。。。。娘ょ。。。


熊さん 困ってるってばょ。。。。?
ママびっくりだってばょ。。。?



一気にしらけた視線を感じたその瞬間


「熊さん またねぇ~」
娘抱いて
逃げました。




2歳のくせに。。。。。
もっと夢もとうよ・・・・


あぁ。。。
きっと熱のせいだろ。



そう信じたい。。。。。



じゃなきゃ ダレが教えたんだ???
疑問発生です。


[PR]

大事なこと。   

2004年 04月 29日


朝から機嫌が悪い長女を 寝不足気味だった私たち親は 
いい加減にしなさいと 強く イライラをぶつけていた。


どうして このとき 機嫌の悪い娘をもっと気にかけてやれなかったんだろう。


そしてパパッ子な長女は、旦那が出勤してしまうと急におとなしくなっていい子になった。

どうして このとき おとなしくなった娘をもっと気にかけてやれなかったんだろう。

それから、朝ごはんを食べて一緒に掃除をした。
そうじを終えると、次女にミルクを飲ませる私のそばで毛布をかぶりながら ひとりで寝入ってしまった。

どうして このとき娘に触れてやれなかったんだろう。


1時間ほどして目覚めた長女は静かにテレビを見ていた。一緒にアイスを食べた。
娘のアイスだけ、妙にとけるのが早い。

どうしてこのとき 気が付いてやれなかったんだろう。


次女がようやく眠りについて 私の手があいたとき 長女がはじめて 私に抱きついてきた。

その手が
その身体が














とても熱かった。



このとき ようやく 気が付いたんだ。

熱がある。

一瞬に頭が凍りついた。

私、何やってんだ?
何をみてるんだ。
なんで?なんで?
力いっぱい娘を抱きしめながら 自分を責めた。


1年以上 熱なんて出してなかった娘。

とてもぐったりして ようやく気が付いてもらえたことを安心したかのように 私に全身をまかせていた。

「ママ 寒い。。。」
と 悪寒を訴える娘をずっと抱きしめていた。

ごめんね
ごめんね

何度も心の中で謝っていた。


病院につくころにはすっかり 元気で いつもの娘に戻っていて 笑ってくれた。



日々の忙しさに 見落としていた 大事な何かをこのとき 感じた。


私の大切なものは何?
守るべきものは何?




いま、やるべきこと
考えるべきこと
守るべきすべて


昨夜は眠れなかった。



まだまだ 未熟なんだな 私。



[PR]

大きくなったかな。   

2004年 04月 28日


桜知がうまれてから 43日。

ちょっと小さめなあかちゃんだけど 元気です。

きょろきょろ 目でいろんなものを追うようになりました。

長女が近づくと嬉しそうに 手足をバタバタさせるんだよね。
b0000065_108306.jpg



早く一緒に遊びたいね。

[PR]

母として。   

2004年 04月 13日


次女が生まれて 一番影響を受けたのは長女。


自分中心だった生活が 今では我慢も多くなった。

そんな長女のきもちを察してあげれないでいる自分に気が付いた。

一人で 遊びをみつけて笑っている長女の顔をみてはっとした。


あぁ。。。。こんな無邪気な笑顔するんだったな。。。

こんな幸せそうな寝顔だったけ。。。。

こんなにまつ毛長かったっけ。。。



ごめんね。

いい子でいてくれてるあなたにすっかり甘えてた。

最近は一緒にお歌 歌ってなかったね。

ずっとお絵かきみてあげれてなかったね。

しばらく抱っこしてあげてなかったね。


最近、ようやく次女のことを名前で呼ぶようになった長女。

妹の存在を受け入れつつあるのが分かる。



二人並んですやすや寝ている姿が 私の胸を熱くつまらせた。




b0000065_9291678.jpg
目が覚めたら二人ともぎゅっと強く抱きしめてしまおう。

[PR]

おめでとう。   

2004年 03月 24日


3月16日誕生。

出生届けを提出しました。
これで、次女も正式に一人の人として存在が認められました。

b0000065_8544380.jpg



写真アップしました。
サルみたいね。

[PR]

クリスマスまでに。   

2003年 11月 01日

めざせ-3キロ!
b0000065_0221137.gif

[PR]

アンパンマン。   

2003年 06月 01日

b0000065_11403951.gif

[PR]